若手研究者等フェローシップ(2000)

2000年若手研究者等フェローシップの派遣・招聘者が選考の結果決定しました。

派遣(日本人フェロー)・招聘(ロシア人フェロー)のリストは下記の通りです。


2000年若手研究者等フェローシップ日本人合格者(11名)
氏名 所属機関 受入先機関 専門    研究テーマ    研究成果物など
徳永 昌弘 東北大学 東北アジア研究センター 講師 ノボシビルスク
国立大学
ロシア経済 ロシアにおける経済開発と環境に関する研究―東シベリア・バイカル湖地域を中心に― 「20世紀ロシアの開発と環境 ― 『バイカル問題』の政治経済学的分析」北海道大学出版会、2013年3月

▼続きを見る
京都大学課程博士請求論文「ソ連・ロシアにおける地域経済開発と公害・環境問題に関する研究」2002年1月
▲たたむ
岩本 和久 稚内北星学園大学 情報メディア学部 助教授 ロシア国立人文大学 ロシア語/ロシア文学 オレーシャを中心としたスターリン時代の言説研究 『沈黙と夢―作家オレーシャとソヴィエト文学』(群像社,2003年)『情報誌の中のロシア』(東洋書店,2008年)など

▼続きを見る
【論文】
「オレーシャ『3人のふとっちょ』の源泉」『稚内北星学園大学紀要』1号,2001年,39-53頁。

「オレーシャの作品における『庭』の主題について」『ロシア語ロシア文学研究』34号,2002年,9-14頁(日本ロシア文学会学 会報告奨励賞)。

Yury Olesha and Freudism”, Japanese Slavic and East European Studies, Vol.24, 2003, pp.1-17.
▲たたむ
小西 豊 岐阜大学地域科学部 講師 モスクワ大学経済学部 政治経済学講座 ロシア経済 ロシアにおける市場形成過程での企業構造・行動・銀行制度の変化に関する実証的研究 【共著】
『現代ロシア経済論』(ミネルヴァ書房、2011年)

▼続きを見る
『市場経済の多様化と経営学』(ミネルヴァ書房、2010年)

『躍進する中国と回付するロシア』(高管出版、2005年)

【共訳著】
ヤコブ・パッペ著『ロシアのビッグビジネス』(文理閣、2003年)

デービッド・レーン著『国家社会主義の興亡』(明石書店、2007年)な「ロシアのビッグビジネス」ヤコブ・シャヤヴィッチ著、小西豊訳、文理閣、2003年

▲たたむ
奥村 庸一 北海道大学大学院 研究生 タタルスタン共和国アカデミー 歴史学研究所 イスラム研究センター 教育史 N.I.イリミンスキーの教育実践活動について―19世紀カザン学区における「異族人」教育を巡って―
井澗 裕 青山工学専門学校札幌校 講師 サハリン州郷土博物館 建築史 都市計画 南サハリンにおける日本期の歴史的建造物-現況・歴史的背景・今後の課題 「日本期南サハリンの歴史と建造物に関する研究」121頁、2002年
青島 陽子 東京大学大学院 博士課程 ロシア科学アカデミー ロシア史研究所 ロシア史 帝政期ロシアの国家制度の構造的分析
太田 鳴海 埼玉大学 博士課程 モスクワ国立大学 化学 電気化学界面におけるレーザー誘起超高速ダイナミクスについて T.Dolgova, A.Maidykovski, M.Martemyanov, A/Fedyanin, G.Marowsky, V.Yakovlev, G.Mattei, N.Ohta, S.Nakabayashi, 2002: Goant optical second-harmonic generation in single and coupled microcavities formed from one-dimensional photonic crystals, Vol.19, No.9/Sep2002/J.Opt.Soc.Am.B.
安原 雅之 山口大学 講師 モスクワ音楽院 音楽学 ショスタコービッチに関る文書の調査研究
原田 長樹 法政大学大学院 博士課程 ロシア科学アカデミー 東洋学研究所 政治学 ソビエト体制形成期の中央アジア地域の民族インテリゲンチャ 論文「カザフ民族の自治とスターリン体制の確立−あるカザフ人活動家の足跡を中心として−」、2003年
中田 敦子 筑波大学大学院 博士課程 ロシア国立サンクトペテルブルク大学 言語学 「文(sentence)の辞典」に関する日露対照言語学研究 論文「『男性名詞複数生格におけるゆれ」に関する一考察』−サンクトペテルブルク大学文系学生を対象としたことばの意識調査から−」ロシア語ロシア文学研究第34号2002年10月、日本ロシア文学会
福安 佳子 東京大学大学院 博士課程 ロシア国立人文大学 言語・文学 「ロシア語書簡文における《叩頭表現》の媒介について」 「2001年モスクワ見聞録」

2000年若手研究者等フェローシップロシア人合格者(8名)
氏名 現職(所属) 受入機関 研究専門分野 研究テーマ
モロジャコフ ヴァシリー 東京大学大学院 博士課程 東京大学社会科学研究所 歴史 日本人のロシア・ソビエト観、大正・昭和戦前期を中心として
ミハイロフ アンドレイ サンクトペテルブルグ国立大学哲学部 博士後期課程 広島市立大学 地域通信
行政
地域公共行政及び日本社会の情報化-ロシアへの提言
ライキン ロマン アルタイ国立大学理論物理学部 助手 埼玉大学
物理学部
宇宙線
物理
超高エネルギーニュートリノ
アドリアノフ アンドレイ  ロシア科学アカデミー
極東支部海洋生物学
研究所
研究員 京都大学
瀬戸海洋生物研究所
海洋生物 日本海沿岸に棲息する星虫(海中にすむ無脊柱動物の総称)形態学と分類法
ブトゥハノフ アレクセイ  ハバロフスク国立経済法律
アカデミー
講師 小樽商科大学 日本経済 経済システムの構造「日本システム」
バイシェフ ドミトリー ロシア科学アカデミー宇宙物理・超高層大気物理学研究所 上級研究員 九州大学 宇宙物理 Pi2地磁気波動とオーロラの分裂の構造
ススロフ デニス ロシア科学アカデミー極東支部経済研究所 研究員 北海道大学 日本の
対外経済
北東アジアへの日本の直接投資
アントノヴァ ナタリヤ ロシア科学アカデミー極東支部経済研究所 研究員 (財)地球環境戦略研究所 環境 日本及び他のアジア・太平洋諸国の経験を活かした森林資源の保護・活用